吉野勝秀のデビュー当時の様子

吉野勝秀さんは、小学校5年の時にスカウトされ、中学2年で福岡から上京します。スカウトされるまでは、お芝居など全く興味が無かったそうです。その頃の夢は、幼稚園の先生か、レスキュー隊員と今と全く異なる夢を抱いていました。事務所の寮で生活しながら役者としての経験を積んできたようです。

元々、人見知りをするタイプということもあって、上京していきなりブレークとはいかなかったようですが、顔がきれいなので役には恵まれていました。2009年にベストセラーとなった小説が原作の舞台で役者としてデビューしました。それから、2010年には映画デビューもしています。

この時は、端役でしたが、デビューしてからずっとテレビドラマや映画に出演しています。意外にも、朝のテレビ番組のワンコーナーで、18歳の頃に博多雑煮を作るといったお仕事もされています。

そして、2011年に出演したアクションヒーローもので、注目を浴び始めました。アクションヒーローでありながら、二面性のある難しい役でしたが、しっかり演じきっています。そして、ドラマでも、主演女優の息子役という重要な役を熱演するなど徐々に注目度がアップしていきます。

2012年には、昼ドラ史上最年少で主演しました。このドラマでは、母の代わりに台所に立つ健気な大学生を演じて主婦のハートを鷲掴みにしました。ドロドロの昼ドラと180度異なる心が洗われるようなストーリーは、優しい雰囲気の吉野勝秀さんのイメージにぴったりはまっていました。この時、ドラマのために料理を猛特訓しています。元々、子供の頃にお母さんのお手伝いで、野菜の皮むきなどは慣れてはいたようです。

吉野勝秀さんは、20代前半になっていますが、高校生役を演じることが多い俳優さんです。成績優秀で委員長を務める優等生役を演じたり、思春期真っ只中の普通の高校生などを演じています。20歳を過ぎても高校生を演じられるのは、吉野勝秀さんの持つ透明感のある演技と佇まいではないでしょうか。

更に、世界的に有名な映画祭に出品された映画では、侵略者の役を演じるなど演技の幅をどんどん広げているように、内面には負けず嫌いなところがあると本人も認めています。

現在では、どんな役でも演じしてしまう若手の中でも演技派として成長されていますね。どんな演技をしていくのか、これからも目が離せないで俳優さんの1人です。見た目の優しくて静かな印象と、108度異なる役柄とのギャップが大きいのが魅力の素敵な俳優さんですね。

吉野勝秀のキャラクター

吉野勝秀は、福岡県出身の日本の俳優です。現在では、さまざまな映画やドラマなどで活躍をしている俳優の一人であるといえるでしょう。
1994年の3月生まれで、まだ若干23歳という若さの俳優で、これからの活躍が期待されている、俳優の一人となっています。

元々、吉野勝秀は、小学5年生の時に、熊本県・八代で当時開催されていた、花火大会において、女の子に間違われて、スカウトされたことがきっかけとなり、この世界に入りました。このときのことが、きっかけおなり、そのまま芸能事務所に所属することになり、その後、芸能界デビューを果たすことになりました。2009年には、初めて舞台で役者デビューを果たすことになります。2008年には、無事に映画初出演を果たすことになりました。

また、元々は福岡県出身なのですが、中学2年生の時に上京を果たしています。2010年の映画では、初主演を果たしていて、2014年には、岩手県平泉町で開催となった作品で、源義経の役柄を務めました。元々、吉野勝秀は、3兄弟の長男であることでも知られています。

元々は、かなりの人見知りをする性格であり、消極的な性格をしていることが特徴です。ある作品で共演したことがある女優とも、両方ともが、同じぐらいの人見知りであったということもあり、双方とも数ヶ月会話をすることが出来なかったりすることがあったようです。元々、非常に子供が好きであり、最初は、俳優ではなく、幼稚園の教員になりたいと思っていて、憧れの気持ちを持っていたそうです。

また、マンガ・アニメが大好きといった側面があり、色んな漫画、アニメなどを鑑賞しているのも特徴です。最近では、二面性のある複雑な役柄などを演じることも多いですし、スタッフからは、そういった演技力を非常に評価されています。空手やバイオリンを特技としてあげていて、さらに、身長は170センチだそうです。とてもすらっとしていてスタイルがいいのも特徴で、体重は少ないと言われています。

また、インタビューなどでは、大変年齢の割には落ち着いている印象があります。知的で大人っぽい雰囲気があるのが特徴ですが、インタビューでもそのように落ち着いている印象があります。最近では、セカンド写真集を夏に発売し、そのときには、握手会なども行われました。