吉野勝秀の駆け出しの頃

吉野勝秀のデビュー当時の様子ですが、元々、小学6年生という幼い頃に、女の子と間違われてしまったことがきっかけでスカウトされ、
芸能界にデビューする形になりました。

なぜ、女の子に間違われてしまったのかというと、当時は、自分の顔立ちが非常に嫌だったそうで、前髪を長く伸ばした状態の髪型でいたそうです。さらに、スカウト後には、母親に自分の人生は好きに決めても良いと言って貰えたことから、中学の2年生には状況をして、芸能界でお仕事を始めるようになります。しかし、自分の人間の土台が決まったのは福岡だということを、今でも福岡時代のことをそう表現しています。

吉野勝秀は、2005年に役者デビューすることになり、現代においても、映画やドラマなど、幅広い活躍をみせているといえるでしょう。
2009年には舞台で初デビューをしたのですが、この舞台は、主人公が夢に向かって生きるという内容の、連絡短編集のストーリーとなっていました。

映画としてのデビューは、2008年なので、順調な俳優としての出発で遭ったと言えるでしょう。幼い頃から、このように映画や舞台などでデビューから活躍をしていて、今に至ります。21歳という年齢なのにもかかわらず、この年齢から役者として下積みを経験しているのも特徴です。元々、福岡県出身と言うことで、デビュー当時は、福岡から通いながら、お仕事をこなしていました。

さらに、2010年は、数多くの連続ドラマなどに出演することで、大忙しの日々を送っていたようです。子役時代から順調にキャリアを伸ばしていて、元々福岡から最初は通いで仕事をしていたようで、大変な面もあったと言えるでしょう。また、スカウトされた当初から、俳優という職業があることを特に意識していなかったようです。

元々、テレビやドラマなどを見ない家庭だったので、最初は事務所の先輩の顔も知らないと言った状態だったようです。最初の頃は演技の深さなどを求められても理解をすることが出来ず、台詞を覚え、そして現場で話すようにすることだけが精一杯だったとインタビューでも語っています。

デビューを果たしてから、色んな作品に出演することが出来るようになり、徐々に演じると言うことになれていったそうです。今では、自分なりにかみ砕いて演技をすることが出来るようになったということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です