吉野勝秀の幼稚園の思い出

俳優の吉野勝秀さんは今まで様々なドラマや映画に出演しており、ルックスや演技の良さから多くのファンが夢中になっています。そんな彼にも幼稚園時代がありますが、当時は地元熊本の幼稚園に通っていました。幼稚園時代は色々な思い出があり、彼はインタビューなどでその当時の思い出を語ることもあります。では、吉野勝秀さんの幼稚園の思い出をご紹介しましょう。

■幼稚園時代の初恋

幼稚園の頃に初恋を経験されている方は多いと思いますが、吉野勝秀さんもその1人です。だいたいは同じ幼稚園の子を好きになると思いますが、彼の初恋の相手は同級生ではないようです。

当時、彼が好きだった子は近所に住んでいる10歳くらい年上の女の子と語っています。子どもの頃によく遊んでもらっていて、憧れのお姉さんだったそうです。
彼は2人の弟がいるようですが、甘えさせてくれる優しいお姉さんに強い憧れがあったのでしょう。

まだ幼いので告白や想いを伝えるという考えはなく、初恋は淡い思い出となりました。そんな彼の好みですが、年齢に関しては特にこだわりはないと語っています。年上でも自分の世界を広げてくれる人には魅力があり、好みのタイプに年上・年下は問わないということです。

■水に対する思い出は苦いものが多い

吉野勝秀さんはアニメや漫画、ゲームが好きでどちらかとインドア派のようですが、ドラマや映画でダンスを披露したり、スポーツ万能な役を演じたりすることがあり、スポーツは苦手なものの、運動神経は悪くないようです。

練習すればどんなスポーツでも並大抵のことはできますが、水系は少し苦手と話しています。幼稚園の頃から海、川、湖の全てで溺れた経験があるため、水辺に近付いたり、泳いだりすることに抵抗があり、今でもほろ苦い夏の思い出のようです。

■親の携帯電話で遊んでいた

中学2年生で自分の携帯を持つようになったようですが、幼稚園時代は親の携帯電話が彼のおもちゃだったようです。幼稚園時代は様々なものをおもちゃにして遊びましが、彼は親が使わなくなった携帯電話をもらい、それで通話ごっこと楽しんでいました。弟と3人で「もしもし」と近くで会話する光景は、想像するとかなり可愛い光景だったことでしょう。

吉野勝秀さんの幼稚園の思い出についてご紹介しましたが、当時からとても可愛らしい印象をお持ちの方だと分かりました。今ではテレビやドラマで活躍するビックは俳優の1人ですが、年相応の過ごし方や経験をしており、可愛らしいエピソードもたくさん持っているようです。ブログやインタビューでは彼の思い出話が出ることもあるので、今後はどんなことを語るか活動に注目してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です