吉野勝秀の子供の時になりたかった職業は?

吉野勝秀さんが子供の時になりたかった職業は、「幼稚園の教員」だったそうです。理由は子供と接することが好きだからということでした。

イケメンな上に、子供が好きという、天が二物を与えたとはこのこととだと納得してしまう、文字通りの俳優さんです。

2009年、舞台で役者デビューをし、2010年には、時代劇で映画初出演を果たします。中学2年生の時に上京し、2012年の映画初主演を務めます。

初主演の映画では楽器を弾くシーンがあったのですが、子供の頃からヴァイオリンを弾いており、そのときの経験が生きたと語っていました。2013年には、今をときめく若手俳優が多数出ている学園ドラマに出演します。

スクールカーストをテーマに扱ったショッキングな作品ですが、その中で彼はスクールカーストのトップ階層の不良グループの一員で出演されています。優しい青年の役から、性格の悪い役まで演じてしまう彼の演技力は凄まじいものがありました。

2015年に若干18歳にして昼ドラマで主演をすることになりました。バスケットプレープレイヤーの方が父親役で出演している、某有名芳香剤のCM、某有名不動産会社のCMに印象的な役で出演。

20歳の吉野勝秀さんの表情豊かな様々な姿が楽しめる内容となっています。それら以外の作品でも数々の映画、ドラマ、舞台、CMで唯一無二の存在感を醸し出しています。

彼のキャリアは今のところ、とても順調な道のりを歩んでいます。10代前半で映画初主演、映画、ドラマ、舞台の總出演数はすでに50を超えています。

今後どのような活躍を見せていくのか、吉野勝秀さんのこれからの活躍に目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です