吉野勝秀の好きな映画は

最近は、休日などに一人で映画を観に行くことが趣味になりつつあるという吉野勝秀さん。

どちらかというと、エンターテインメント寄りの作品が好きなようです。ブログでも、好きな小説家が原作のミステリー映画や、好きな俳優が出演するコメディ映画などを面白かったと語っています。

人にすすめられて、怖い映画もよく観ているそうです。なかでも、2000年代に話題となったサイコスリラー映画はおすすめの1本。意外にも、映画で感動した経験はあまりないそうで、ファンにおすすめの作品をたずねていたりもしました。

そんな吉野さんですが、基本的には「男の子が何かをするストーリーが好き」とのこと。たとえば、好きなアメリカのバンドメンバーが出演しているのをきっかけに観た映画。そこでは、主人公のいじめられっ子の男子高校生が、女の子の気を惹こうとバンドを結成します。

その情熱にはかなり心を動かされたそうで、基本的に映画館で繰り返し観ることのない吉野さんが、思わず2回観てしまったほどだとか。
また、少年たちが海賊の財宝を探して冒険する1980年代の古い映画。小学生のころ、ケーブルテレビで観てからすっかり影響されてしまい、家の庭に宝物を埋めて、地図まで作ったそうです。

同じくくりで、ほかにも、不良グループの度胸試しゲームを描いた青春映画を好きな1本に挙げています。もちろん、アニメ好きらしくアニメ映画も大好きな吉野さん。

ブログを見ていても、日米のヒット作などをもらさずチェックしていることがよく分かります。なかでも、2016年に大ヒット作を生み出したアニメ監督の1本は、そうとうのお気に入り。

漫画の実写化作品もよく見ているようで、いつか自分も好きな漫画やアニメ作品に、俳優か声優として出演したいと語っています。ほかにも、俳優として演技の引き出しを増やすために、いろいろな映画を参考にしているという吉野さん。

それまで、ほとんど演じることがなかったいじめっ子の役を演じるときには、不良映画などを観て研究したそうです。また、韓国映画のリメイク作品であるアクション映画には、目標とするような演技派俳優が勢ぞろい。キャストをひと目見たときから、これは観るしかないと、雑誌で情報を収集していたそうです。

そんな吉野さんが、もっとも好きな映画監督として挙げている監督がいます。スローモーションやCGを多様した独特のスタイリッシュな映像が特徴で、2010年には少年犯罪や家庭内暴力などをあつかったミステリー映画で、大きな話題となりました。

のちに、その監督の作品に出演することになったときには、うれしさのあまり、かなり緊張してしまったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です