吉野勝秀が好きな女性のタイプ

吉野勝秀さんは数多くのドラマや映画に出演しており、ブレイク中の若手俳優です。役者としての演技力の高さは現場スタッフから高く評価されていますが、中性的な顔立ちは美しさとかっこよさの両方を持っており、ルックスもファンの間から人気があります。そんな彼はどのような女性が好みなのでしょうか。

■礼儀正しくて明るい子が好み

吉野勝秀さんの好みのタイプは礼儀正しく明るい子が好みのようです。彼は意外にも人見知りの性格で、同じく人見知りの共演者と話すようになるまで2ヶ月かかったという話があります。どちらかという口数が少ない方なので、よく笑ってしゃべる子がタイプとブログやインタビューで語っています。

しかし、明るい子といってもガサツな子は好まないようです。話し方が丁寧で、常に礼儀を忘れない子が理想的なのでしょう。また、彼は小さい頃からアニメや漫画が好きで、どちらかと言うとオタク寄りであると自分で発言しています。なので、彼女もオタク系で全然構わないとも語っていました。

■年齢や見た目の好みについて

人によっては同年代か年下もしくは年上と年齢や髪形に好みがあることでしょう。吉野勝秀さんの場合、年齢は特に気にしないようです。彼の初恋は幼稚園時代で、当時近所に住む10歳年上のお姉さんが初恋の相手でした。当時は幼く想いを告げることはなく終わってしまった初恋ですが、自分が出演する作品で年上の女性に恋する役を演じた時に、当時のことを思い出したようです。

そして、今でも自分の知らないことを知っている年上の女性はかっこいいと憧れており、またそのような人とお互いに支えられる関係が理想とインタビューで語っていました。髪型に関しても特に好みはなく、ロング、ミディアム、ショートのどれでも似合っていれば良いようです。むしろ、ロングから少しずつ切っていき、様々な髪形にチャレンジしてほしいとも思っているようです。

ちなみに、キュンとくる女性の仕草は、普段髪を結ばない子が、髪の毛を結ぶ仕草とブログで発言しています。女性には少し理解が難しい胸キュンポイントかもしれませんが、普段とは違うギャップに彼も弱いのでしょう。

吉野勝秀さんの好みのタイプについて調べてみましたが、礼儀正しく明るく笑顔が素敵な子がタイプだと分かりました。年齢や見た目は特別気にしておらず、オタク系もOKということなので、高望みしすぎない傾向にあると言えます。将来、彼が誰を好きになるのかは分かりませんが、今は俳優業を邁進していくと思うので、今後の活躍に期待しましょう。

吉野勝秀の幼稚園の思い出

俳優の吉野勝秀さんは今まで様々なドラマや映画に出演しており、ルックスや演技の良さから多くのファンが夢中になっています。そんな彼にも幼稚園時代がありますが、当時は地元熊本の幼稚園に通っていました。幼稚園時代は色々な思い出があり、彼はインタビューなどでその当時の思い出を語ることもあります。では、吉野勝秀さんの幼稚園の思い出をご紹介しましょう。

■幼稚園時代の初恋

幼稚園の頃に初恋を経験されている方は多いと思いますが、吉野勝秀さんもその1人です。だいたいは同じ幼稚園の子を好きになると思いますが、彼の初恋の相手は同級生ではないようです。

当時、彼が好きだった子は近所に住んでいる10歳くらい年上の女の子と語っています。子どもの頃によく遊んでもらっていて、憧れのお姉さんだったそうです。
彼は2人の弟がいるようですが、甘えさせてくれる優しいお姉さんに強い憧れがあったのでしょう。

まだ幼いので告白や想いを伝えるという考えはなく、初恋は淡い思い出となりました。そんな彼の好みですが、年齢に関しては特にこだわりはないと語っています。年上でも自分の世界を広げてくれる人には魅力があり、好みのタイプに年上・年下は問わないということです。

■水に対する思い出は苦いものが多い

吉野勝秀さんはアニメや漫画、ゲームが好きでどちらかとインドア派のようですが、ドラマや映画でダンスを披露したり、スポーツ万能な役を演じたりすることがあり、スポーツは苦手なものの、運動神経は悪くないようです。

練習すればどんなスポーツでも並大抵のことはできますが、水系は少し苦手と話しています。幼稚園の頃から海、川、湖の全てで溺れた経験があるため、水辺に近付いたり、泳いだりすることに抵抗があり、今でもほろ苦い夏の思い出のようです。

■親の携帯電話で遊んでいた

中学2年生で自分の携帯を持つようになったようですが、幼稚園時代は親の携帯電話が彼のおもちゃだったようです。幼稚園時代は様々なものをおもちゃにして遊びましが、彼は親が使わなくなった携帯電話をもらい、それで通話ごっこと楽しんでいました。弟と3人で「もしもし」と近くで会話する光景は、想像するとかなり可愛い光景だったことでしょう。

吉野勝秀さんの幼稚園の思い出についてご紹介しましたが、当時からとても可愛らしい印象をお持ちの方だと分かりました。今ではテレビやドラマで活躍するビックは俳優の1人ですが、年相応の過ごし方や経験をしており、可愛らしいエピソードもたくさん持っているようです。ブログやインタビューでは彼の思い出話が出ることもあるので、今後はどんなことを語るか活動に注目してみましょう。

吉野勝秀の子供の時になりたかった職業は?

吉野勝秀さんが子供の時になりたかった職業は、「幼稚園の教員」だったそうです。理由は子供と接することが好きだからということでした。

イケメンな上に、子供が好きという、天が二物を与えたとはこのこととだと納得してしまう、文字通りの俳優さんです。

2009年、舞台で役者デビューをし、2010年には、時代劇で映画初出演を果たします。中学2年生の時に上京し、2012年の映画初主演を務めます。

初主演の映画では楽器を弾くシーンがあったのですが、子供の頃からヴァイオリンを弾いており、そのときの経験が生きたと語っていました。2013年には、今をときめく若手俳優が多数出ている学園ドラマに出演します。

スクールカーストをテーマに扱ったショッキングな作品ですが、その中で彼はスクールカーストのトップ階層の不良グループの一員で出演されています。優しい青年の役から、性格の悪い役まで演じてしまう彼の演技力は凄まじいものがありました。

2015年に若干18歳にして昼ドラマで主演をすることになりました。バスケットプレープレイヤーの方が父親役で出演している、某有名芳香剤のCM、某有名不動産会社のCMに印象的な役で出演。

20歳の吉野勝秀さんの表情豊かな様々な姿が楽しめる内容となっています。それら以外の作品でも数々の映画、ドラマ、舞台、CMで唯一無二の存在感を醸し出しています。

彼のキャリアは今のところ、とても順調な道のりを歩んでいます。10代前半で映画初主演、映画、ドラマ、舞台の總出演数はすでに50を超えています。

今後どのような活躍を見せていくのか、吉野勝秀さんのこれからの活躍に目が離せません。

吉野勝秀の好きな映画は

最近は、休日などに一人で映画を観に行くことが趣味になりつつあるという吉野勝秀さん。

どちらかというと、エンターテインメント寄りの作品が好きなようです。ブログでも、好きな小説家が原作のミステリー映画や、好きな俳優が出演するコメディ映画などを面白かったと語っています。

人にすすめられて、怖い映画もよく観ているそうです。なかでも、2000年代に話題となったサイコスリラー映画はおすすめの1本。意外にも、映画で感動した経験はあまりないそうで、ファンにおすすめの作品をたずねていたりもしました。

そんな吉野さんですが、基本的には「男の子が何かをするストーリーが好き」とのこと。たとえば、好きなアメリカのバンドメンバーが出演しているのをきっかけに観た映画。そこでは、主人公のいじめられっ子の男子高校生が、女の子の気を惹こうとバンドを結成します。

その情熱にはかなり心を動かされたそうで、基本的に映画館で繰り返し観ることのない吉野さんが、思わず2回観てしまったほどだとか。
また、少年たちが海賊の財宝を探して冒険する1980年代の古い映画。小学生のころ、ケーブルテレビで観てからすっかり影響されてしまい、家の庭に宝物を埋めて、地図まで作ったそうです。

同じくくりで、ほかにも、不良グループの度胸試しゲームを描いた青春映画を好きな1本に挙げています。もちろん、アニメ好きらしくアニメ映画も大好きな吉野さん。

ブログを見ていても、日米のヒット作などをもらさずチェックしていることがよく分かります。なかでも、2016年に大ヒット作を生み出したアニメ監督の1本は、そうとうのお気に入り。

漫画の実写化作品もよく見ているようで、いつか自分も好きな漫画やアニメ作品に、俳優か声優として出演したいと語っています。ほかにも、俳優として演技の引き出しを増やすために、いろいろな映画を参考にしているという吉野さん。

それまで、ほとんど演じることがなかったいじめっ子の役を演じるときには、不良映画などを観て研究したそうです。また、韓国映画のリメイク作品であるアクション映画には、目標とするような演技派俳優が勢ぞろい。キャストをひと目見たときから、これは観るしかないと、雑誌で情報を収集していたそうです。

そんな吉野さんが、もっとも好きな映画監督として挙げている監督がいます。スローモーションやCGを多様した独特のスタイリッシュな映像が特徴で、2010年には少年犯罪や家庭内暴力などをあつかったミステリー映画で、大きな話題となりました。

のちに、その監督の作品に出演することになったときには、うれしさのあまり、かなり緊張してしまったそうです。

吉野勝秀の好きなミュージシャンは

普段から、音楽やラジオを聴きながら過ごすことが多いという吉野勝秀さん。帰り道にちょっとした時間があれば、音楽を聴きながらふらふら散歩するのが好きだそうです。

そんな吉野さんにとって、音楽はかなり生活と密着している様子。気合を入れたいときには、気分を盛り上げるような曲を。その反対に、辛いときや落ち込んだときには、静かな落ち着いた音楽を一人で部屋で聴いているそうです。

夜寝られないときにも、お気に入りの音楽をいろいろ聴いて過ごしているといいます。特に好きなのは、バンド系の音楽。なかでも、もっとも好きなミュージシャンとして、日本を代表する4人組ロックバンドを挙げています。

もともと音楽を聴くようになったきっかけ自体が、そのバンドだったといいます。中学2年生のころに初めて出会い、それからずっと変わらずに好きでいるのだとか。その思い入れは今でも深く、携帯音楽プレーヤーにはそのバンドの曲しか入っていないそうです。

たまたまテレビ出演しているのを見かけたときには、驚いて画面に釘付け。自分でもよく分からないまま感動して、その気持ちを周りの人に伝えようと、うるさがられてしまったそうです。それまでは、ライブにもあまり関心がなかったという吉野さん。

ライブDVDを買い、実際のライブへ行くことになったのもそのバンドが初めてのことでした。そこで、会場の盛り上がりや生の音楽に触れて、さらに好きになってしまったそうです。

のちに自身が出演していた特撮ヒーロー番組のイベントで、同じ舞台に立つことになったときには、とても感慨深かったといいます。高校に入ってからは、音楽好きな友達にいろいろ教えてもらい、それまでまったく興味のなかった洋楽にもハマることになったという吉野さん。

アメリカのバンドや、カナダのレゲエバンドなどに熱中。特に、PVがかっこいいと感じた1曲は、一時期そればかり聴いていたといいます。最初はリズムから入って、英語の意味をスマホで調べながら、最終的には歌詞が好きになっていくというのがパターンなのだとか。

また、大のアニメ好きということもあって、主題歌となった曲やそのアーティストにハマる傾向もあるようです。なかでも、人気青春アニメの主題歌を手がけた同人音楽サークルは、かなりのファン。

ほかにも、好きな映画から音楽に興味を持ったり、自分が出演した作品の主題歌から、女性アイドルグループの曲にもハマっていたことがあるそうです。

主演した昼ドラの打ち上げでは、吉野さんの誕生日と重なっていたこともあり、主題歌を担当した男性シンガーソングライターがサプライズで歌のプレゼント。

すっかり感動して、今後はライブにもぜひ行きたいと語っています。

吉野勝秀の尊敬している人物

俳優の吉野勝秀さんが尊敬している人物は映画の際に共演した俳優や女優さんのようです。

彼は映画にそこまで詳しく無く経験もあまり無かったため共演した俳優さんからおすすめの映画の作品をたくさん教わったようです。その教わり方も分かりやすかったため自分も経験を積んで周囲の人たちに教えてあげられるような人になりたいと感じたようです。

その教わり方から共演した俳優さんを尊敬するようになったようです。そして自分もいろんな経験を積んでいきたいと感じたようです。

また一緒に共演した女優の人たちの演技も圧巻したためその映画で共演した全ての人たちに尊敬の気持ちを持っているようです。また先輩の俳優や女優さんだけに尊敬の気持ちを持っているわけでは無いようです。仕事仲間で同級生で大親友ある俳優にも尊敬しているようです。

仕事仲間ということで楽しさやライバル心をもちろん持っているようです。しかし役の難しさや表現力の難しさも共感することができるようです。お互いの性格は違うようです。吉野勝秀はその親友の演技力に打ちのめされてすごいと感じるようです。

特にその舞台で殺陣シーンを見たときに圧巻を感じるらしく自分では真似できないと思うようです。その演技を見た後に自分も頑張ろうという気持ちや悔しいという気持ちが出てくるようです。

でもその気持ちよりも尊敬や敬意という気持ちの方が強いようです。2人一緒にインタビューを受けて質問に答えるなど尊敬の気持ちを持っていても友達と言える関係は良いです。

演技に関しては吉野勝秀がいなければダメだと言われるくらいの俳優になることを目指しているので、その親友は身近な尊敬を持ったライバルと言えるようです。

このように映画での先輩俳優や同級生の親友に尊敬の気持ちを持っているようです。彼は俳優として大成功をしたいという気持ちが強いため、演技力や映画の深い知識や経験を持っている人に尊敬の気持ちを持つということが分かります。

実際に共演したことのある映画や舞台でその人のすごさを理解しているので俳優として進歩したいという気持ちが強いことは見て分かります。彼は数々のドラマや映画に出ていますがまだ年齢的に若いので多くの経験や知識を得て行くことができると思います。

いろんな俳優さんとこれからも共演していくことで俳優として成長していくことができるはずです。

今後の彼の俳優としての成長と頑張りに注目することができると思います。

吉野勝秀の休日の過ごし方

今ドラマや映画で活躍して話題になっている吉野勝秀さんは休日の日に何を行っているのか。彼は休日はコンビニに行くのも嫌になるくらいの家にこもってしまうようです。そのため、仕事の無い休日の日には家で過ごすことが多いようです。ではどのように休日の場合家で過ごしているのでしょうか。

1つは家でゲームを行うことです。ゲームをする際も一度に1つのことしか彼は行うことが難しいため1本のゲームを集中してやりこむようです。今ではPS4を持っています。購入理由は弟たちと遊ぶためという理由で購入を決めたようです。クエストが多くあるゲームにはまるなど何をしようか考えながら行うゲームが大好きのようです。

次に家で行うことに鉄板焼きがあります。彼は家から出るのが嫌なためお腹が空いたときに直ぐに作れる鉄板焼きを作ることが多いようです。そのために鉄板焼きのプレートも購入してお好み焼きやたこ焼きを作るようです。自分1人で食べるのでは無くて友達も家に呼んで鉄板焼きを行いたいそうです。

続いてはラジコンヘリを室内で飛ばすことも行うようです。彼が使用しているヘリは小さいバージョンのものとなっています。部屋の中で障害物の間を飛ばすことと部屋の狭い隅の方で飛ばすことが楽しいようです。ラジコンで遊んでいる間は音楽もかけるようです。
洋楽みたいな曲を部屋の中で流しながらラジコンで遊べば雰囲気が出てくるようです。部屋の中で遊ぶラジコンは車では無くてヘリが良いそうです。

休日は他にもマンガを読むようです。少年漫画よりは少女まんがにはまっているらしいです。自分の大好きな先生の作品もあるらしくてそのマンガを休日の日に読んで過ごすことも多いようです。このように家の中で休日を過ごすことが多いでですが外にも出て行くことがあるようです。外に出て行くときは友達と約束をしてマックなどで話すこともあります。

また、マンガやゲームを購入しに行くために外出することもあるようです。マンガやゲームを買いに行くのにネットを通販などを使用すれば家の中から購入する方法があります。でも彼はネットにあまり詳しく無いので外出して購入するようです。休日に外出するのはマンガやゲームを購入するときがほとんどだそうです。

彼の中では家に友達を呼んでみんなで遊びたいという思いがあります。そのため今は友達を休日に家に呼べるようにゲームの種類や鉄板焼きの作り方を考えているようです。このような休日となっています。

吉野勝秀の人物・経験したこと

吉野勝秀さんは、1994年3月生まれの23歳です。テレビで、勝秀という名前は小さい時から自分でも気に入っていると言っていたので、下のお名前は本名です。優等生役から不良役まで変幻自在に演じることができるため、カメレオン俳優と称されています。爽やかで目鼻立ちが整ったキレイなルックスと、スラっとしたスタイルが素敵な俳優さんです。

吉野勝秀さんのことを知らない人でも、洗剤のCMで元サッカー選手のあの方の息子役で出ていたといえば、判るのではないでしょうか。吉野勝秀さんの清潔感のある雰囲気とマッチしていましたよね。それが、2017年には、2018年公開作品も含めて7本もの映画に出演する大注目の若手俳優に成長されています。

吉野勝秀さんは、出演する映画の役柄によって不良役で金髪になったり、サラサラの茶髪になるなど、役作りで髪型を変える頻度が多いことでも有名です。他にも、リーゼント、ロン毛など、役柄によって様々なイメチェンを行ってきた吉野さんですが、根っからの癖っ毛なのだそう。

オタクの浪人生を演じた映画で、新人賞を受賞した吉野勝秀さんは、福岡県出身ということもあって、小学6年生の時に熊本県の花火大会でスカウトされました。スカウトされた時は、あまりの美形に女の子に間違われて声を掛けられたそうです。そして、13歳でデビューしてからも、可愛らしさが目立つ役柄ばかりでした。

そんなイメージを打ち破る転機となったのが、16歳の時に出演したドラマでした。その時は、クラスを牛耳る不良生徒の1人を演じました。
そこで、一緒に共演していた今をときめく同世代の俳優さんの演技を見て、刺激を受けたことが転機となったそうです。

演技をとても楽しそうにやっているのを見て、カッコいいと思った吉野さんは、自分がこのままで、ここにいちゃダメだ!と思って、もっと演技をやりたりと強く思ったそうです。このドラマをきっかけに、セリフ1つ1つの意味を考えるようになり、役の幅も広がっていったと言っています。親の暴力に苦しむ不良少年役を見事に演じるきるなど、3作品で共演している同年代の女優さんからもその演技力を絶賛しています。

とてもきれいな顔をしていますが、SNSでは、変顔を披露するなど気さくな一面もあります。素の状態でキメ顔するのが照れくさいから、変顔をしてしまうカッコつけないところが素敵ですね。休日は、家で漫画を読んだりゲームをして1日を過ごすことが多いそうです。

吉野勝秀の駆け出しの頃

吉野勝秀のデビュー当時の様子ですが、元々、小学6年生という幼い頃に、女の子と間違われてしまったことがきっかけでスカウトされ、
芸能界にデビューする形になりました。

なぜ、女の子に間違われてしまったのかというと、当時は、自分の顔立ちが非常に嫌だったそうで、前髪を長く伸ばした状態の髪型でいたそうです。さらに、スカウト後には、母親に自分の人生は好きに決めても良いと言って貰えたことから、中学の2年生には状況をして、芸能界でお仕事を始めるようになります。しかし、自分の人間の土台が決まったのは福岡だということを、今でも福岡時代のことをそう表現しています。

吉野勝秀は、2005年に役者デビューすることになり、現代においても、映画やドラマなど、幅広い活躍をみせているといえるでしょう。
2009年には舞台で初デビューをしたのですが、この舞台は、主人公が夢に向かって生きるという内容の、連絡短編集のストーリーとなっていました。

映画としてのデビューは、2008年なので、順調な俳優としての出発で遭ったと言えるでしょう。幼い頃から、このように映画や舞台などでデビューから活躍をしていて、今に至ります。21歳という年齢なのにもかかわらず、この年齢から役者として下積みを経験しているのも特徴です。元々、福岡県出身と言うことで、デビュー当時は、福岡から通いながら、お仕事をこなしていました。

さらに、2010年は、数多くの連続ドラマなどに出演することで、大忙しの日々を送っていたようです。子役時代から順調にキャリアを伸ばしていて、元々福岡から最初は通いで仕事をしていたようで、大変な面もあったと言えるでしょう。また、スカウトされた当初から、俳優という職業があることを特に意識していなかったようです。

元々、テレビやドラマなどを見ない家庭だったので、最初は事務所の先輩の顔も知らないと言った状態だったようです。最初の頃は演技の深さなどを求められても理解をすることが出来ず、台詞を覚え、そして現場で話すようにすることだけが精一杯だったとインタビューでも語っています。

デビューを果たしてから、色んな作品に出演することが出来るようになり、徐々に演じると言うことになれていったそうです。今では、自分なりにかみ砕いて演技をすることが出来るようになったということです。

吉野勝秀の苦労した経験

吉野勝秀さんは甘いマスクに優しい笑顔でCMや映画など幅広く活躍するイケメン俳優です。熊本県の花火大会で女の子と間違われてスカウトされ、それがきっかけで芸能界デビューを果たされたという、とてもかわいらしさのある外見もチャームポイントという俳優さんです。

そんな吉野勝秀さんはデビューされて以来、活動の場を広げながら俳優としても様々な役柄に挑戦され、2010年は映画での初主演も務められました。そして、ある子どもたちのヒーロードラマ作品にもご出演されたりして演技の幅を広げていらっしゃいます。そして、着実に役者としての経験を重ねていかれています。

ある時、この方はテイストも役柄も全く違う7作品に並行してご出演されました。つまり、約1年で7作の映画でそれぞれまったく違う役柄に挑戦されたのです。吉野勝秀さんが演じ分ける姿は話題となり、インタビューの際に、短期間で全く異なる役を演じ分けることについての質問を受けられました。

監督によって求められることが当然ながら違うのです。その時、監督によって演技の土台が全然違ってくることについては、本当に勉強させていただいているとおっしゃられました。例えば、ナチュラルさの追求を重視する監督の方もいれば、コメディを軸にした大きな演技を期待する監督の方もいて、監督によって重視するポイントが違っており、振り幅がかなり大きいとおっしゃられました。

その監督の方の他の作品を改めて観ながら勉強をするけれども、現場になると作品ごとに全く異なっていて、戸惑いがかなり大きく、ご自身もそのことに初めて気づかされ、監督には個性があるということが分かったということをおっしゃられました。

それぞれの監督の方が期待する演技を行うということについてはとにかく大変だったけれども、とてもいい勉強になったとおっしゃられています。舞台・ドラマ・映画と媒体が異なっているように、作品によって演技そのものが違ってくるということに気が付けたことがよかったとおっしゃられています。

そして毎回、これをクリアしたから次は大丈夫だろうと考えるけれども、次の作品の演技になるといつもリセットされるような思いになっているということを語られています。

そのような貴重な経験を積まれることで、役者としての演技の幅や考え方が大きく広がっていきますよね。この経験は役者としての今後の成長に大きな糧となるのではないでしょうか。これからも役者としてさらにご成長していただきたい役者さんが吉野勝秀さんですよね。