吉野勝秀の人物・経験したこと

吉野勝秀さんは、1994年3月生まれの23歳です。テレビで、勝秀という名前は小さい時から自分でも気に入っていると言っていたので、下のお名前は本名です。優等生役から不良役まで変幻自在に演じることができるため、カメレオン俳優と称されています。爽やかで目鼻立ちが整ったキレイなルックスと、スラっとしたスタイルが素敵な俳優さんです。

吉野勝秀さんのことを知らない人でも、洗剤のCMで元サッカー選手のあの方の息子役で出ていたといえば、判るのではないでしょうか。吉野勝秀さんの清潔感のある雰囲気とマッチしていましたよね。それが、2017年には、2018年公開作品も含めて7本もの映画に出演する大注目の若手俳優に成長されています。

吉野勝秀さんは、出演する映画の役柄によって不良役で金髪になったり、サラサラの茶髪になるなど、役作りで髪型を変える頻度が多いことでも有名です。他にも、リーゼント、ロン毛など、役柄によって様々なイメチェンを行ってきた吉野さんですが、根っからの癖っ毛なのだそう。

オタクの浪人生を演じた映画で、新人賞を受賞した吉野勝秀さんは、福岡県出身ということもあって、小学6年生の時に熊本県の花火大会でスカウトされました。スカウトされた時は、あまりの美形に女の子に間違われて声を掛けられたそうです。そして、13歳でデビューしてからも、可愛らしさが目立つ役柄ばかりでした。

そんなイメージを打ち破る転機となったのが、16歳の時に出演したドラマでした。その時は、クラスを牛耳る不良生徒の1人を演じました。
そこで、一緒に共演していた今をときめく同世代の俳優さんの演技を見て、刺激を受けたことが転機となったそうです。

演技をとても楽しそうにやっているのを見て、カッコいいと思った吉野さんは、自分がこのままで、ここにいちゃダメだ!と思って、もっと演技をやりたりと強く思ったそうです。このドラマをきっかけに、セリフ1つ1つの意味を考えるようになり、役の幅も広がっていったと言っています。親の暴力に苦しむ不良少年役を見事に演じるきるなど、3作品で共演している同年代の女優さんからもその演技力を絶賛しています。

とてもきれいな顔をしていますが、SNSでは、変顔を披露するなど気さくな一面もあります。素の状態でキメ顔するのが照れくさいから、変顔をしてしまうカッコつけないところが素敵ですね。休日は、家で漫画を読んだりゲームをして1日を過ごすことが多いそうです。

吉野勝秀の駆け出しの頃

吉野勝秀のデビュー当時の様子ですが、元々、小学6年生という幼い頃に、女の子と間違われてしまったことがきっかけでスカウトされ、
芸能界にデビューする形になりました。

なぜ、女の子に間違われてしまったのかというと、当時は、自分の顔立ちが非常に嫌だったそうで、前髪を長く伸ばした状態の髪型でいたそうです。さらに、スカウト後には、母親に自分の人生は好きに決めても良いと言って貰えたことから、中学の2年生には状況をして、芸能界でお仕事を始めるようになります。しかし、自分の人間の土台が決まったのは福岡だということを、今でも福岡時代のことをそう表現しています。

吉野勝秀は、2005年に役者デビューすることになり、現代においても、映画やドラマなど、幅広い活躍をみせているといえるでしょう。
2009年には舞台で初デビューをしたのですが、この舞台は、主人公が夢に向かって生きるという内容の、連絡短編集のストーリーとなっていました。

映画としてのデビューは、2008年なので、順調な俳優としての出発で遭ったと言えるでしょう。幼い頃から、このように映画や舞台などでデビューから活躍をしていて、今に至ります。21歳という年齢なのにもかかわらず、この年齢から役者として下積みを経験しているのも特徴です。元々、福岡県出身と言うことで、デビュー当時は、福岡から通いながら、お仕事をこなしていました。

さらに、2010年は、数多くの連続ドラマなどに出演することで、大忙しの日々を送っていたようです。子役時代から順調にキャリアを伸ばしていて、元々福岡から最初は通いで仕事をしていたようで、大変な面もあったと言えるでしょう。また、スカウトされた当初から、俳優という職業があることを特に意識していなかったようです。

元々、テレビやドラマなどを見ない家庭だったので、最初は事務所の先輩の顔も知らないと言った状態だったようです。最初の頃は演技の深さなどを求められても理解をすることが出来ず、台詞を覚え、そして現場で話すようにすることだけが精一杯だったとインタビューでも語っています。

デビューを果たしてから、色んな作品に出演することが出来るようになり、徐々に演じると言うことになれていったそうです。今では、自分なりにかみ砕いて演技をすることが出来るようになったということです。

吉野勝秀の苦労した経験

吉野勝秀さんは甘いマスクに優しい笑顔でCMや映画など幅広く活躍するイケメン俳優です。熊本県の花火大会で女の子と間違われてスカウトされ、それがきっかけで芸能界デビューを果たされたという、とてもかわいらしさのある外見もチャームポイントという俳優さんです。

そんな吉野勝秀さんはデビューされて以来、活動の場を広げながら俳優としても様々な役柄に挑戦され、2010年は映画での初主演も務められました。そして、ある子どもたちのヒーロードラマ作品にもご出演されたりして演技の幅を広げていらっしゃいます。そして、着実に役者としての経験を重ねていかれています。

ある時、この方はテイストも役柄も全く違う7作品に並行してご出演されました。つまり、約1年で7作の映画でそれぞれまったく違う役柄に挑戦されたのです。吉野勝秀さんが演じ分ける姿は話題となり、インタビューの際に、短期間で全く異なる役を演じ分けることについての質問を受けられました。

監督によって求められることが当然ながら違うのです。その時、監督によって演技の土台が全然違ってくることについては、本当に勉強させていただいているとおっしゃられました。例えば、ナチュラルさの追求を重視する監督の方もいれば、コメディを軸にした大きな演技を期待する監督の方もいて、監督によって重視するポイントが違っており、振り幅がかなり大きいとおっしゃられました。

その監督の方の他の作品を改めて観ながら勉強をするけれども、現場になると作品ごとに全く異なっていて、戸惑いがかなり大きく、ご自身もそのことに初めて気づかされ、監督には個性があるということが分かったということをおっしゃられました。

それぞれの監督の方が期待する演技を行うということについてはとにかく大変だったけれども、とてもいい勉強になったとおっしゃられています。舞台・ドラマ・映画と媒体が異なっているように、作品によって演技そのものが違ってくるということに気が付けたことがよかったとおっしゃられています。

そして毎回、これをクリアしたから次は大丈夫だろうと考えるけれども、次の作品の演技になるといつもリセットされるような思いになっているということを語られています。

そのような貴重な経験を積まれることで、役者としての演技の幅や考え方が大きく広がっていきますよね。この経験は役者としての今後の成長に大きな糧となるのではないでしょうか。これからも役者としてさらにご成長していただきたい役者さんが吉野勝秀さんですよね。

吉野勝秀のデビュー当時の様子

吉野勝秀さんは、小学校5年の時にスカウトされ、中学2年で福岡から上京します。スカウトされるまでは、お芝居など全く興味が無かったそうです。その頃の夢は、幼稚園の先生か、レスキュー隊員と今と全く異なる夢を抱いていました。事務所の寮で生活しながら役者としての経験を積んできたようです。

元々、人見知りをするタイプということもあって、上京していきなりブレークとはいかなかったようですが、顔がきれいなので役には恵まれていました。2009年にベストセラーとなった小説が原作の舞台で役者としてデビューしました。それから、2010年には映画デビューもしています。

この時は、端役でしたが、デビューしてからずっとテレビドラマや映画に出演しています。意外にも、朝のテレビ番組のワンコーナーで、18歳の頃に博多雑煮を作るといったお仕事もされています。

そして、2011年に出演したアクションヒーローもので、注目を浴び始めました。アクションヒーローでありながら、二面性のある難しい役でしたが、しっかり演じきっています。そして、ドラマでも、主演女優の息子役という重要な役を熱演するなど徐々に注目度がアップしていきます。

2012年には、昼ドラ史上最年少で主演しました。このドラマでは、母の代わりに台所に立つ健気な大学生を演じて主婦のハートを鷲掴みにしました。ドロドロの昼ドラと180度異なる心が洗われるようなストーリーは、優しい雰囲気の吉野勝秀さんのイメージにぴったりはまっていました。この時、ドラマのために料理を猛特訓しています。元々、子供の頃にお母さんのお手伝いで、野菜の皮むきなどは慣れてはいたようです。

吉野勝秀さんは、20代前半になっていますが、高校生役を演じることが多い俳優さんです。成績優秀で委員長を務める優等生役を演じたり、思春期真っ只中の普通の高校生などを演じています。20歳を過ぎても高校生を演じられるのは、吉野勝秀さんの持つ透明感のある演技と佇まいではないでしょうか。

更に、世界的に有名な映画祭に出品された映画では、侵略者の役を演じるなど演技の幅をどんどん広げているように、内面には負けず嫌いなところがあると本人も認めています。

現在では、どんな役でも演じしてしまう若手の中でも演技派として成長されていますね。どんな演技をしていくのか、これからも目が離せないで俳優さんの1人です。見た目の優しくて静かな印象と、108度異なる役柄とのギャップが大きいのが魅力の素敵な俳優さんですね。

吉野勝秀のキャラクター

吉野勝秀は、福岡県出身の日本の俳優です。現在では、さまざまな映画やドラマなどで活躍をしている俳優の一人であるといえるでしょう。
1994年の3月生まれで、まだ若干23歳という若さの俳優で、これからの活躍が期待されている、俳優の一人となっています。

元々、吉野勝秀は、小学5年生の時に、熊本県・八代で当時開催されていた、花火大会において、女の子に間違われて、スカウトされたことがきっかけとなり、この世界に入りました。このときのことが、きっかけおなり、そのまま芸能事務所に所属することになり、その後、芸能界デビューを果たすことになりました。2009年には、初めて舞台で役者デビューを果たすことになります。2008年には、無事に映画初出演を果たすことになりました。

また、元々は福岡県出身なのですが、中学2年生の時に上京を果たしています。2010年の映画では、初主演を果たしていて、2014年には、岩手県平泉町で開催となった作品で、源義経の役柄を務めました。元々、吉野勝秀は、3兄弟の長男であることでも知られています。

元々は、かなりの人見知りをする性格であり、消極的な性格をしていることが特徴です。ある作品で共演したことがある女優とも、両方ともが、同じぐらいの人見知りであったということもあり、双方とも数ヶ月会話をすることが出来なかったりすることがあったようです。元々、非常に子供が好きであり、最初は、俳優ではなく、幼稚園の教員になりたいと思っていて、憧れの気持ちを持っていたそうです。

また、マンガ・アニメが大好きといった側面があり、色んな漫画、アニメなどを鑑賞しているのも特徴です。最近では、二面性のある複雑な役柄などを演じることも多いですし、スタッフからは、そういった演技力を非常に評価されています。空手やバイオリンを特技としてあげていて、さらに、身長は170センチだそうです。とてもすらっとしていてスタイルがいいのも特徴で、体重は少ないと言われています。

また、インタビューなどでは、大変年齢の割には落ち着いている印象があります。知的で大人っぽい雰囲気があるのが特徴ですが、インタビューでもそのように落ち着いている印象があります。最近では、セカンド写真集を夏に発売し、そのときには、握手会なども行われました。